【神輿半纏】佐沼神輿會様

半纏・法被オーダーメイド詳細

デザイン:京屋染物店
染め:本染め(1色)
仕立て:ミシン仕立て
生地:生成20シャンタン(綿100%)

弊社を選んでいただいたきっかけ

我が神輿會は宮城県登米市で発会して、まだ日も浅い神輿会です。
近隣の神輿会に参加し、多くの方々のご指導やご助言をいただいております。

発会直後に神輿会に参加すると、各神輿会が自分たちの半纏に誇りを持って粋に着こなし、生き生きと担いでいる姿を目の当たりにして、我々も半纏を作製したいという声が皆から上がりました。

半纏の依頼先を全く知らない我々でしたが、多くの方々から岩手県一関市にある京屋さんをご紹介いただいたことをきっかけに、お願いさせていただきました。

お客様からの声・ご感想

最初に、電話で相談をさせていただいたのですが、我々のような素人の神輿会の初めての半纏作製に親身になって丁寧に説明いただきました。

 

担当の方には、我々の希望を細かいところまで丁寧に聞いていただき、それをイメージしやすいよう、構成画作成や色の指定・生地の選択など多くのことで的確な提示と助言をいただけて本当に助かりました。

わが神輿会は女性の担ぎ手も多いのですが、体形に合うよう袖丈などの調整などのご提案をいただいたことはとてもありがたく、縫製部門の方々にも大変助けられました。

最後まで悩んだのが、神輿会の魂とでもいうべき背中の代紋だったのですが、何度も再考にお付き合いいただき最高のものを背負うことができたと今でも感謝しております。

 

今回、京屋染物店様とご縁を持てて感じたことは、伝統と歴史ある京屋様の蜂谷社長ご兄弟様を中心としての仕事に向き合う真摯な姿勢でした。
このことは神輿を担ぐ皆の姿勢に通ずるものだと思います。

 

半纏に袖を通した時の感激はひとしおでした。社員の皆様お一人お一人のお仕事に感謝しつつ、このご縁を大切に半纏を着て、多くの神輿人と縁を結んでいきたいと思っています。

その他のページも見る