オーダー時に決めること

5. 染色方法を決める

染色方法は3つご用意しております。
ご希望のものをお選びいただくか、お決まりでない方はご相談いただければ用途やデザインに合わせた染色方法をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。
※使用する生地によっては染色方法に制限がある場合もございますので、あらかじめご了承ください。

藍染め

藍染めとは、奈良時代に中国より伝わった日本最古の草木染めです。
現在藍色は、海外からジャパンブルーと称される日本を象徴する色となりました。
藍染めは1000年以上変わらず、日本人に親しまれている染色方法です。


日本の伝統を愛し、藍色にこだわる方にオススメ

藍染め半纏・法被は江戸時代から、今なお日本人に愛されて続けています。
藍色独特の深みのある青は、藍染めだからこそ出す事が出来ます。
着込む程に日本人らしい柔らかな色へと、表情を変えていきます。
末永く御愛用頂き、変わりゆく色をお楽しみ下さい。

※藍染めの性質上、初回ご使用時には色移りの恐れがあります。
 色止め加工も承っておりますので、お気軽に御相談下さいませ。


藍染めでオススメしたい半纏・法被

神輿半纏、祭半纏、太鼓半纏、囃子半纏、庭師半纏、大工半纏、店半纏、頭半纏、被布半纏など

本染め

本染めとは、多くの鮮明な色を、職人の手で生地の深くまで染める染色技法です。
生地の奥まで染める事で、より深みのある色を出す事が出来ます。
機械染めでは生地の深くまで染める事が出来ないため、弊社では今なお手染めにこだわっています。


本物の半纏・法被を、お好きな色で着たい方にオススメ

あなたのお好きな色を、職人が手染めにこだわり染めさせて頂きます。
染料は最も発色が良く、色落ちの少ない物を厳選しております。
染め色サンプルもご用意していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

※お使いになられる条件により、色が流れ出る場合がございます。
その場合も弊社で責任を持って対応いたしますので、お気軽に御相談下さい。


本染めでオススメしたい半纏・法被

神輿半纏、祭半纏、太鼓半纏、囃子半纏、庭師半纏、大工半纏、店半纏、頭半纏、被布半纏、化粧半纏、火消し半纏、刺子半纏、正絹半纏など

昇華転写(ポリエステル)

昇華転写とは、ポリエステル生地専用の染色方法です。
色流れのしない染料を使って染色しております。


正絹の半纏・法被を着たいけど、お手入れは楽に済ませたい方にオススメ

正絹の半纏・法被は家庭で洗う事が難しく、お手入れに費用と手間が掛かります。
正絹風のポリエステル生地を使用する事で、高級感のある半纏・法被をお手軽に御使用する事が出来ます。
また昇華転写は細かい柄や多彩なグラデーションをかける事ができます。
写真を切り取ったようなデザインをお考えの方も、昇華転写をオススメ致します。


昇華転写でオススメしたい半纏・法被

化粧半纏、羽織り半纏、役半纏、店半纏など

その他のページも見る