角帯(かくおび)とは

角帯(かくおび)とは

半纏(はんてん)•法被(はっぴ)の帯として最もポピュラーなのが角帯(かくおび)です。

角帯

半纏(はんてん)•法被(はっぴ)を着た時に締める帯として、最もポピュラーな帯が角帯(かくおび)です。

巾が約10㎝程で長さが約4m、芯の入ったシッカリした帯が角帯(かくおび)です。

角帯(かくおび)を使う事で結び目が”パリッ”とキレイに仕上がります。

角帯(かくおび)の色と柄は、様々あります。

半纏(はんてん)•法被(はっぴ)の色と柄を考え、角帯(かくおび)を粋にコーディネートして下さい。

 

角帯を使った帯の結び方

貝の口(かいのくち)→貝の口の結び方はこちらから

蝶結び(ちょうむすび)→蝶結びの結び方はこちらから

 

その他のページも見る